読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スピード買取押し買いがトラブル

スピード買取押し買いがトラブル

あいつがトラブルについて|スピード買取押し買いがトラブル

あいつがトラブルは、為になるな〜


あいつがトラブル 7話



次回の更新は
新築戸建でのトラブルに詳しい方に質問です。 自由設計の新築戸建を契約して、図面...
の予定です

内容は・・・

新築戸建でのトラブルに詳しい方に質問です。 自由設計の新築戸建を契約して、図面が確定し、現在建築中の状態 ですが、設計士から屋根について詳しい説明・確認が無く、 建築が始まってしまいました。 (契約は不動産会社、設計は設計事務所、施工は工務店で それぞれ別会社です。) 経緯を話しますと、 図面を決める際、設計士と打合せを重ねて、屋根は元々、 カラーベストにする予定で進めていました。 しかし、ガルバリウムにしたいと気が変わったため、とある日に、 「屋根はガルバリウムに変更して下さい。」とのメールを設計士に 送付しました。 その後、設計士からのメールの回答は、「縦葺き」「横葺き」の説明や、 どちらにするかの確認は一切無く、
縦葺きのガルバリウムに変更された 図面が添付されてきました。 そのため、当時の私は「ガルバリウム=縦葺きしか無い」と思い込んで しまい、そのまま図面に確認印を押し、施工が始まりました。 しかしながら、現在、屋根が設置完了したタイミングで、 「ガルバリウムは本当に縦葺きしか無いのか?」という疑問を抱き、 ネットで検索してみると、横葺きもあることを最近知りました。 あの時、設計士から縦葺きにするか、横葺きにするかの確認があれば、 間違いなく、横葺きにしていました。 屋根は既に設置完了して、又、ガルバリウムのグレードを上げたため、 余計に費用が掛っており、ものすごく悲しい思いをしています。 そこで質問です。 ?このような場合、このまま泣き寝入りするしかないのでしょうか? (全額、自費で屋根を設置し直すことになるのでしょうか?) ?或いは、屋根の設置し直しを求めることはできるのでしょうか? 請求が可能な場合、設計事務所に請求となりますでしょうか? (契約を交わした不動産会社に話を通しておいた方がい
いでしょうか?) 補足ですが、 ・当時のメールのやりとりは残っています。 ・屋根の形状は、半分は切妻で、半分は寄棟となっており、共に6寸勾配 となっているため、横葺きにできない理由はないと思われます。など。

お楽しみに!
次回の更新は
義母とのトラブル。 先日、兄弟全員が実家に集まる機会がありました。 その際に我...
の予定です

内容は・・・

義母とのトラブル。 先日、兄弟全員が実家に集まる機会がありました。 その際に我慢できなくなった私のせいでトラブルになりました。 結婚当初から義母は私が気に入らないらしく、ことある度にあからさまな嫌がらせをされてきました。 理不尽な事が多かったのですが、きつい母なので誰もそれには触れないままでした。 1度主人が義母へ態度を改めるように言うと言ってくれましたが、義母のことなのでさらにひどくなるのが手に取るように分るし、頻繁に会うわけではないので言わないでほしいとお願いしました。 私も大人しい人
間ではありませんが、普段かなり離れていて会う機会も少ないので黙ってスルーしてきました。 ただ、私の分だけわざと用意されていなかったり疎外感を感じるようなことをされるのは正直つらかったです。 その日、庭のテーブルに眼鏡を忘れたと義母が言い、ドアに一番近い席に座っていた私が必然的に取りに行くことになりました。 外へ出ようとすると義母の眼鏡が玄関のニッチに置いてあったのでそれを取ってすぐに戻りました。 リビングのドアまで近づくと、 義母 「あの人(私)もう戻ってこなくていいのに。ホントに嫌い。すぐに何か手伝いますというわりには気がきかないよね。それに比べて○○ちゃん(弟嫁)はかわいげがあるから大好き」 主人 「○○(私)が黙って何も言わないからってそういうのやめてくれないかな。あいつが何かしたの?」 義母 「ただ嫌いなだけ。 嫌いな人って何やっても嫌だと思ってしまう。 ○○さん来なくてもいいのに」 という会話が聞こえてきました。 ドアの外で中の様子は見えませんでしたが、我慢できなくなって主人が言い返す前
にドアを開けてると、全員がこちらを見て「あっ、まずい」という顔に。 そして、私が、「お義母さん、安心してください。私もお義母さんが大嫌いですから。今まで黙ってたけれど、もう限界です。」と思わず言ってしまいました。 何を言い返されるのかとかまえましたが、義母はすごくショックを受けた顔をしました。 普段から義母はきつい性格なので自分が誰かを「嫌い」と口にすることは多々あっても、逆に「嫌い」と言われたことがなかったからだと思います。 その後すぐに帰宅しました。車中、主人には謝りましたが、「仕方ないよ。自分ももう実家には行きたくないと思った」と言ってくれました。 正直、これでよほどのことがないかぎり顔を合わせなくて済むかなと思っている自分がいました。 ところが、昨日、義父から主人に連絡がきました。 先日の一件がとてもショックだったらしく義母がふさぎこんでいるらしいのです。 そして、私から義母にあやまりの連絡を入れてくれないかということでした。 「この前は言い過ぎました」と謝ることはできても、結婚してからこれまでの事を考えると今さら
仲良くしたいとか全く思えません。など。

お楽しみに!